::: トップ頁 > 南院展覧 > 展覧情報
フォントサイズ :

國際展

出帆万里—日本伊万里磁器特別展
出帆万里—日本伊万里磁器特別展
展覧日時:国際借用展 2015/12/28~ 2018/12/28
展示室: S201
展覧の説明

 

展覧の説明

 

  • 総説

    国際借用展/S201

    唐・宋の時代から、日本人は中国の高温で焼成された陶磁器をたいへん好みました。技術と原料に限界があり、自分で焼成することができず、中国からの輸入に頼らざるを得なかったため、上流階級の人々の使用にのみ供されました。桃山時代末期の1592 年、豊臣秀吉(1537-1598)が朝鮮出兵を行って、製磁技術に通じた朝鮮の陶工を連れ帰り、陶磁器の輸入に頼っていた状況はついに変化を迎えました。朝鮮の陶工は現在の佐賀県有田町で泉山陶石を発見し、原料の問題を解決しました。1610 年代、有田町で日本初の磁器が作られました。以降30~40年の間、有田の製陶技術は日増しに向上して好評を博するとともに、付近の伊万里港を中継港として販売されるようにもなり、「伊万里焼」の名は瞬く間に知れ渡りました。17世紀半ば、ちょうど明・清にあたる時代、伊万里焼は中国製陶器の輸出が衰えた機会に乗じて、国際貿易上に突然現れ、オランダ東インド会社を経て販売され、ヨーロッパで破竹の勢いを見せる人気商品となりました。遥か東からやって来た伊万里焼は、ヨーロッパの王侯貴族の間で争って買われる珍しいおもちゃや食器であるだけでなく、宮殿の装飾品や外交使節への重要な贈呈品にもなりました。

    本展示では大阪市立東洋陶磁美術館の収蔵品から、計161点の作品をご紹介します。そのうち主なものは17~18世紀にヨーロッパへ輸出された伊万里焼、ならびに「伊万里焼」、「富を表す道具」、「宴席用食器」、「宮殿装飾品」など4つのセクションで、伊万里焼の特色、ヨーロッパでの用途をご紹介いたします。5つめのセクション「国使贈呈品」では、清宮旧蔵の13点の伊万里焼を展示し、異なる収蔵の背景によって、大航海時代の利益獲得競争下における伊万里焼の、百余年にわたる歴史の華やかさを表現しました。

 
  • コーナー1:伊万里焼

  • 青花鷺鷥紋盤

  • 青花鷺鷥紋盤

    江戸時代.1660-1670 年代
    高さ5.8 cm/ 径31.2 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32354)

    盤の中央には太湖石と菖蒲の前で佇む二羽のシラサギ、口縁部付近には菊花石と波紋がぐるりと描かれています。染付装飾は、まるで絵を描くようにコバルトブルーの濃淡と着色技法を巧みに活用して立体感を生み出しますが、これは伊万里焼輸出初期、至る所で見られたスタイルです。

  • 五彩楼閣美人紋大盤

  • 五彩楼閣美人紋大盤

    江戸時代.1700-1730 年代
    高さ9.1 cm/ 口径55.7 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32301)

    牡丹と桜が満開の庭園にある、二階建ての楼閣内部と屋外の橋の上で、春の風景を楽しむ遊女と近侍が描かれています。染付で描かれた楼閣と岩石、そして赤彩とたっぷりの金彩が施された橋と雲が、春の華やかな風景を作り出しています。盤の周囲には牡丹、菊、梅の花が三輪、圏足(高台)の内側には12個の焼成痕がありますが、うち9個の三角錐状の支釘はまだしっかりと付いています。

 
  • コーナー2:富を表す道具

  • 五彩カラック花盆紋瀝水盆組

  • 五彩カラック花盆紋瀝水盆組

    江戸時代.1740-1770 年代
    (碗)高さ8.3cm/径24.5cm(盤)高さ5.9cm/径30.7cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32343)

    穴あき鉢、足付受け皿。形とつくりが特殊で、果物や野菜を洗うとき水切りに用いたと考えられる受け皿で、直接食卓に置くこともできます。鉢の内側にはほころんだ生け花、鉢の壁面と受け皿の内側は同様に、8つの窓絵がある「カラック」構図となっています。受け皿の圏足(高台)の内側には染付で描かれた「大明嘉靖年製」という文字が二重線で囲まれ、器の外側は牡丹紋が施されています。

 
  • コーナー3:宴席用食器

    民にとって食は何より大切なものです。多くの地方文化の細部は往々にして飲食に宿っています。ヨーロッパ市場のニーズに合わせ、有田の陶工は、日本国内で使用するものとは区別した宴席用食器を特別に作製、焼造しました。例えば刀の刃を使用するのに便利な縁の折れた大皿、スープ用の蓋付碗や調味料入れ、ビール缶、コーヒーポット、マグカップなど、すべてヨーロッパで日常用いられる金属製や低温用陶器を模倣し、伊万里焼に作り変えています。伊万里焼が異国の食卓や酒席を占め、午後の休息の時間と楽しい酒宴で見られるようになり、ヨーロッパ社会での地位を真に確立したと言えるでしょう。

  • 五彩花鳥紋蓋碗

  • 五彩花鳥紋蓋碗

    江戸時代.1720-1740 年代
    高さ34.6 cm/ 口径34.4 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32284)

    蓋付の大鉢。蓋留めは、通常用いるライオンの代わりに、めったに見られないウサギを使っています。ウサギは球の上にうずくまっており、立った大きな耳と丸々とした眼が印象的です。同様の形のウサギも独立した一つの作品となっています。また、雲は月に住む伝説のウサギを表現しています。蓋と碗の窓絵の内側にはキジを捉えた猛禽(ワシと見られる)の姿が写実的に描かれており、彩色上絵に金彩で描いた輪郭もまたこの時期の特色のひとつです。

  • 五彩花卉紋調味缶

  • 五彩花卉紋調味缶

    江戸時代.1700-1730 年代
    (調味瓶)高さ10.4 cm/ 幅8.5 cm
    (アルファベットA)高さ10.7 cm/ 幅10.3 cm (アルファベットS)高さ10.5 cm/ 幅10.1 cn (アルファベットO)高さ10.6 cm/ 幅10.4 cm
    (受け皿)高さ11.0 cm/ 口径25.3 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32320)

    4種類の調味料用容器および受け皿。受け皿中央には突起がついた空洞のラッパ状の筒が付いており、調味料用容器の円形の凹みが施されています。そのうち3点の容器にはS字カーブがあり、器本体には円形の窓絵が描かれ、その内側は金彩でそれぞれ「A」(オランダ語Azjin=酢)、「O」(Olie=油)、「S」(Siroop=シロップ)と区別され、異なる用途であることを示しています。注ぎ口の無いものは口縁にスプーンを置く穴が施されており、辛子を入れるものとみられ、オランダの銀製品が原型と考えられます。

 
  • コーナー4:宮殿裝飾

  • 五彩持傘美人紋大壺

  • 五彩持傘美人紋大壺

    江戸時代.1740-1770 年代
    高さ59.0 cm/ 径30.9 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.32355)

    壺本体と蓋の上部にはすべて雲状の窓絵があります。内側には花模様の番傘を手に、黒く高い下駄を履いて踊る美人が描かれ、江戸時代の人物の風俗をテーマにした優美な作品です。蓋留めは扇を持ち、たぶさを梳く男性の塑像で、左後ろに穴がひとつあります。本体は染付で描いた牡丹花紋を地とし、青と白の対比効果が大きく、金彩の輪郭線もまたこの時期の特徴のひとつです。同様に番傘を手に舞う美人をテーマとしたもので、最も有名なのは鈴木春信(約1725 年前後-1770)の〈紅葉舞美人〉です。伊万里の輸出用磁器に描かれた美人紋は、「磁器に描かれた浮世絵」と言えるでしょう。

  • 五彩相撲人像(二組)

  • 五彩相撲人像(二組)

    江戸時代.1680-1710 年代
    (左)高さ30.6 cm/ 幅23.0 cm(右)高さ31.3 cm/ 幅25.4 cm
    有田窯
    大阪市立東洋陶磁器美術館所蔵(No.31343)

    延宝年間に技術が成熟した「柿右衛門様式」の相撲取り人物像は、それぞれ「撥鬢(ばちびん/江戸中期に流行した男の髪形のひとつ)」と「野郎頭(やろうあたま/両鬢と後頭部の髪を残して額から頭頂までを広くそり、総髪を頂で束ねて結ったもの。江戸時代の男の一般的な髪形)」の二人が取っ組み合っている瞬間の生き生きとした様子を表現し、作品中のふんどしなどの部分には金彩装飾が今もなお残されています。イギリスの貴族ウィリアム・セシール(1520-1598)の旧宅所蔵品に似た作品があり、この邸宅の家財目録には、1688年にも「相撲姿の男性磁器像」と記されています。

 
  • コーナー5:国使贈答品

  • 五彩花口碗

  • 五彩花口碗

    江戸時代.1670-1700 年代
    高さ11.4 cm/ 口径11.4 cm/ 底径11.3 cm
    有田窯
    国立故宮博物院所蔵(故磁12098)

    碗は五弁花形で、内側と外側の壁にはすべて乳白色の釉(うわぐすり)が施され、釉層は比較的薄いです。釉の上に山石花木の彩色上絵を加え、碗の中心には双鳳が後を追いかける様子が描かれています。紋飾の外側には広い空白が残され、内に秘めた優雅な風格を放っています。これが伊万里焼の「柿右衛門」様式です。器外側の底の中心には二重枠に囲まれた「福」という文字が書かれ、書体は渦巻き状に近く、またの名を「渦福」銘ともいいます。

  • 描金青花五彩花卉菊瓣盤

  • 描金青花五彩花卉菊瓣盤

    江戸時代 1680-1710 頃
    高さ6 ㎝/ 口径24 ㎝/ 底径15.2 ㎝
    有田窯
    国立故宮博物院蔵(故宮磁器16637)

    菊花口盤は、典型的な金襴手様式の作品である。皿の外側には青花纏枝紋と部分的に木の葉が描かれており、その間に赤、黄色、緑の百合の花葉をアレンジしている。皿の内側の中央には、折枝菊花があり、同時に麦わらで作られた垣根の外で、三つの金色円形開光と繋がっている。皿の中にはそれぞれ水仙、サザンカ、桜が描かれており、口縁は金色に彩色され、圏足の外側には一筋の巻雲紋が施されている。圏足の内側には落款はなく、青花弦紋がぐるりと一周している。

 

タグ : 展覧情報(10)


top